業務案内

当法律事務所について

当法律事務所は,民事一般事件(不動産,建築,貸金,損害賠償,破産,民事再生,任意整理など),家事事件(相続,夫婦関係,離婚など),企業法務事件,刑事事件(一般,少年,告訴など)等,法律事務全般の処理を取り扱っております。


弁護士事務所を訪問する際の問題解決への近道

1 初回法律相談の際に持参して戴きたい書類

事件に関係すると思われる全ての書類,証拠物をお持ち下さい。コピーではなく,実物を持ってきて戴く方が適切な法律判断に繋がります。
また,事件を自分なりに整理し,事件の概要,経過をメモ書きにして,お持ち戴くと,短時間で適切なアドバイスができることに繋がります。また,メモ書きを作成する中で,事案の問題点が見えることもあるかと思います。
例えば,以下の事件について,下記の書類があれば,初回相談であっても,要領を得た相談となり,適切な法的判断の助けになります(但し,全てが必要不可欠というわけではありません)。

債務整理事件 債権者一覧表(債権者名,支店名,住所,最初に借りた時期,金額,借金の使い道,現在の残高,毎月の弁済額を記したもの)
離婚事件 夫婦が出会い結婚してから現在までの日付を追った経過書
相続事件 相続関係図,及び相続があってからの経過書
不動産事件 不動産登記簿謄本,公図などの図面
一般民事事件 契約書がある場合には契約書、取り交わした書類

2 相談する際には電話による予約をして下さい。

弁護士は,日中,裁判所や検察庁に出かけたり,出張したり,あるいは別の相談を受けていることが多いので,相談の際には,予め事務所へ電話をして,ご予約を入れてください。
なお,当事務所においてはメールによる相談予約は受け付けておりませんので,電話でお願いいたします。電話の際に,予め相談の内容の一部を簡単にお聞きします。
なお,電話及びメールのみによる法律相談は,事案への見方を誤る恐れがあるので,お受けしておりません。

3 相談の際の留意点

法律相談は早めに相談することが何よりも肝要です。手遅れになる前にご相談下さい。
弁護士は法律上守秘義務を負っており,秘密が漏れるということはありませんので,自分にとって都合のいいことも悪いことも隠さずに,包み隠さずお話しくだ さい。都合の悪いことを隠された場合には,事案の処理を誤ってしまうことがあり,結局ご相談者にとって不利になってしまう可能性があります。
また,法的トラブルにおいて、一方が100%悪く一方が全く落ち度がないという事件は滅多にありません。相手のあるトラブルである以上、結果が常に満足行 くものとは限りません。裁判を起こしても、敗訴の危険は常にあります。そのため,ご相談者にとって耳の痛い指摘や意に添わないアドバイスをすることもあり ますが,ご相談者のためと考えての指摘ですので,この点については,ご了承下さい。

4 相談の後,ご依頼をお断りすることがあります。

法律上明らかに成り立たない主張,弁護士の正義感情に反する場合,弁護士としての受任の必要がない場合などにはご依頼をお断りする場合があります。
また,例えば相手方からの相談を受けている場合に,その相手方からの委任を受けるなど,利益が相反する可能性のある事件についても同様です。
その他,やむを得ない事情によって,ご依頼をお断りすることがあります。

5 ご相談者の側で気に入らない場合には,依頼をされなくて構いません。

また,ご相談者の側で,費用の点で納得がいかない,事件処理の方法として弁護士から受けたアドバイスが意に添わない,弁護士と性格が合わなそうなど,どういった理由からでも,依頼するしないはご相談者の自由ですので,遠慮なくお断り下さい。
相談したからといって,その弁護士に正式に依頼しなければならない義務はありません(医者と同じです)。

6 時には譲歩も必要です。

事件の解決は,満点であるとは限りません。弁護士と相談しながら,譲ることも時には必要になります。弁護士はそれが依頼 者のために必要であると考えた場合には,譲歩すべきであることをアドバイスすることがあります。決して相手方の立場に立って譲歩するようアドバイスしてい るわけではありませんので,この点ご了承下さい(但し,依頼者が納得しないまま一方的に譲歩を飲むことはありません)。